スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光白根山 菅沼登山口より

日本百名山である「日光白根山」に行ってきました。

関東最高峰2578m、森林限界も超えてきますのでそれなりの装備は必要です。ですが、丸沼からのゴンドラが整備されて気軽に行けるようになってきました。

今回は硬派な菅沼登山口からしっかり登りましょうということでそちらから。

 

いつもは単独なのですが、今回は職場の仲間と行きます。山ガールデビューな子もいるので、一番年上の責任上、ツエルトやらケガの対応薬品類のエマージェンシー装備、水も多めに入れました。ザックの中は12kgほどになったでしょうか。これに加えて標準体重22kgオーバーなメタボな肉と、20歳も若い、彼、彼女とともに行かねばならないので置いてきぼりを食うのは目に見えてます。実際そうでしたし・・・(T-T) 体鍛えよっと・・・

 

自宅を出るときには雨で中止も考えていたのですが、現場に着くと日が出てきたので出発です。

 

IMG_1356_130630-073123

 

菅沼登山口からしばらくは平坦な道のりです。ここからはまだ白根山は見えません。見えているこれを超えたところにあります。

 

ひたすら登ります。さすが百名山、結構きついです。本物が後に控えているんですけどねw

IMG_1363_130630-081246

 

弥陀ヶ池につきました。ここまで私の足で2時間です。私がいなければもっと早く着いていたでしょうね。ここまで来ると白根山が見えます。ただ、山頂はガスで覆われていて見えません。逆に見えなかったからこそ行けたと思います。見えたら精神的にきつかったと思います。

 

IMG_1379_130630-091310

鹿さんに遭遇。人間に慣れているのでしょうか、逃げません。どうやら食べ物をくれると思っているのかもしれません。そういう輩が多いのでしょうか、悲しいですね。女の子達は大喜びです。

 

IMG_1391_130630-091740

 

鹿と戯れながら休憩し、ここから1時間の急登です。登り始めてすぐに残雪を渡ります。踏み跡をたどれば問題なく通過できます。変なところを歩いて踏み抜くとケガしますので注意。

 

IMG_1396_130630-093607

 

途中、五色沼が見えてきました。

 

IMG_1400_130630-095054 

この先からは、ストックはちょっと邪魔になってくるほどの急登ガレ場となります。白根山の北側斜面になります。丸沼からゴンドラで来た人もこちらを下るとなると結構怖いと思います。下りはおすすめしません。

 

IMG_1402_130630-101911 

これを登れば頂上だ!!!

食事をしている人やらいるのだが、山頂を示す看板らしきものがない。キョロキョロしていると「ここは頂上じゃないよ、この先一度下った先にあるあれがそうだよ」と教えてもらう。

ガスった先に微かに見えてます。

IMG_1405_130630-104417 IMG_1407_130630-104542

 

山頂は大渋滞でした。記念撮影も順番待ち。お互い撮りあえるのでみんなで記念撮影はできますけどね。

とりあえずタッチ。ガスって、景観はなし。な~~~~~~んも見えません。

IMG_1413_130630-105124

 

山頂は広くないので、次の人のために早々と退散します。ちょっと下ったところのほこら周辺が広く皆さん休んでます。そこで昼食。カップラーメンだが旨い!!!

すると、霧も晴れて山頂が見えてきました。このとき山頂にいたかったなぁ。

IMG_1422_130630-114155 

昼食を済ませて、五色沼に向かって出発です。ずっと見える形で向かうことになります。

 

IMG_1423_130630-114315 ここからは砂地です。滑りやすいので注意が必要。これを登るというのはつらいなぁ・・・。途中、山道のど真ん中に「人糞+トイレットペーパー」!!!

おいおい、こんなところで雉撃ちかよ!!全く常識のない輩がいたもんだ。ペーパーは持ち帰りが原則、うんこは埋めろ! 猫でもそうする。そもそもど真ん中でするなって話。

 

IMG_1425_130630-120112

鹿さんが当たり前のように出現します。鹿に感動してシャッターを切るのもいいですが、何度も合うので感動が薄れていきます。

五色沼周辺には立派な角を生やした牡鹿がいますので出会えたら見てください。

 

IMG_1427

五色沼で休憩後、朝来た道に戻ります。五色沼~弥陀ヶ池をみるとコースタイムもどちらからでも15分とあり、等高線を見ても緩やかととれます。山ガールデビューの仲間ももうへとへとでしたので、それほどきつくないと思うよ、といってしまったら・・・・

 

Screenshot_2013-07-04-11-22-05

この15分は間違い。30~40分はかかります。しかも五色沼からだと急登付き。疲れ切った体には相当きつい仕打ちです。ここの訂正を求めますよ! マップルさん!!山と高原地図チェックです。

 

弥陀ヶ池からの下りがきつかった。長いし、まだかよぉぉって感じです。こんなところ登ってきたのかよともらしながらの下山です。このときに雨が降ってきましたが森林帯なので雨の影響はそれほどでもなくレインウエアを着るまでもありませんでした。

 

次回ここを挑戦するときは、菅沼登山口~白根山~前白根山~五色山~金精山~菅沼の周回コースに挑戦したいですね。

あれだけ苦労したのにすでに忘れているんですよ、これ書いているときには。アホなんでしょうか、年を取ったからでしょうか(^_^)

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。