スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地形図をプリントアウト(カシミール3D)

山をやるに当たって、地図は読めた方がいい。実際、この所お世話になって遭難を逃れているw

近所の里山、低山のほうが必要に迫られる。開けた山頂なんかないし、ほぼ景観はないところを行くことになるからだ。

国土地理院の地図をもっていけばいいのだが、必要なところが二枚にまたがってしまったりして場所によっては使いづらい。

 

国土地理院のサービス、地図閲覧サービス(ウォッちず)はそれを解消して閲覧できる。ただ、この地図を”いい感じ”に印刷するにはなかなか面倒くさい。

 

この国土地理院の地図をA4の用紙に手軽に印刷するための TrekkingMapEditor が有名だ。価格は\2,980. これが安いか高いかは人それぞれ。必要なものはすべて答えられていると思う。

 

でも、どうにか無料で何とかできないものかと考える。

私に最低必要なのは

「磁北線が引ける」 面倒だから

「A4の用紙にぴったりうてる」 家にあるプリンタの最大用紙の大きさだから

 

TrekkingMapEditoは見事に満たしている。ポチるか?

 

有名な無料ソフトがあった。カシミール3D.

多機能であるが故、できるのであろうが設定が難しい。でも、そう思っている人は多く、ネットを調べれば結構ヒットしてくる。

最初に設定して、このソフトの癖を把握していればいけそうだ。

 

ところが、現行Ver.9.1.0はA4印刷、最適な解像度での印刷など、何も考えず欲しいところを指定してあげれば印刷できるようになっていた。

しかも、印刷の段階で磁北線、経度緯度線を入れることができる。

私の求める条件は揃った。

これでいいや。

 

次回はカシミール3Dの実際の設定・・というか私の設定です。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。