スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手軽な飯ごう メスティン

日本人はやっぱり、お米なのだ。

アルファ米はおいしいとは言い難い。サトウのごはんで炒飯も、それよりはましだが、炊き立てのご飯にはかなわない。

山でもご飯が食べたい!! しかも手軽に。

そんな夢のセットがこれだ。

メスティン+アノ台+居酒屋等でよく見る青い固形燃料

アノ台はエスビット。写真のはそれに似ているやつ。固形燃料は百均だ。

これで手軽にご飯が炊けるのだ。

水は米一合に対してタップの半分。堅めが好きならちょっと少な目。

あとは固形燃料に火をつけて放置。

火が消えたら出来上がり。

火加減調整なんていらない。バーナーだと燃料とのコスパが悪い。放置でいいので、ほかのことができる

残りの固形燃料も密封容器に。これも百均、三個入り。

この三点セットで2,500円でお釣りがくる。これで山の中でも炊き立てご飯が食べられる。

次の食事はラーメンなど汁物を作れば、こびりついた米も落とす手間が省ける。

今シーズンのテン泊が楽しみでならない。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。