スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New IXY登場

私、カメラ結構趣味です。EOS 1N、1V等のアナログで結構やっていましたのでレンズ資産はcanon EOSなので、デジ一もcanonとなります。

現在のメインはEOS 20Dです。サブとしてIXY DIGITAL 500を忍ばしてあります。

このIXY500、結構写りがいいんです。確かに解像度は現行製品にはおよびませんが、サービス版に印刷するレベルでは全く問題在りません。CCD1/1.8型という現行機種ではなくなってしまったサイズを使用している点も見逃せません。また、記録メディアがコンパクトフラッシュというのもEOSと共通で買い足さなくて済む点も大きい。

写りに対しての不満は特にないのですが、重要な不満点があります。それは、起動時間が長いことと、シャッターのタイムラグです。こればかりは古さを感じてしまいます。起動時間の遅さからシャッターチャンスを逃してしまったこともたくさんありました。

感度も実質ISO200が最高感度(一応400までいけますがちょっとノイズが)となっているので、昼間専用というもの痛かった。

で、一年ほど前からコンパクトデジカメの物色をはじめた。



パナソニックからでたFX01これは衝撃的だった。28mmの広角、これはカメラをやっていた人間から言わせるとたまらん仕様だ。しかもお得意の手ぶれ防止だ。ただ、ISO800の画像がひどかった。実質ISO400までが使える範囲。これが痛かった。

何で、Canonから手ぶれ防止が出ないのか、疑問がわいていた。



そして登場したのがIXY DIGITAL 800 IS

ついにISを乗っけてきた。これは買いだ!!と思ったのだが、前モデルよりスペックダウンしているのが気になってしまった。さらに、やはり28mmの広角というのが気になってしまっていたのだ。



悩んでいると、またパナソニックからFX07が登場。これに決まりになるのかなと思っていたら、今まで持っていた不満が一気に解消されるモデルが!!

きました、IXY DIGITAL 900 IS

28mmの広角!!

ISO1600!!ってことはISO800まで使える。

DIGIC III

DIGICの発色になれてしまった目は他の映像エンジンを寄せ付けなくなっていました。そしてついに第3世代に。EOS KissXにも乗っていないぞ!!

フェイスキャッチテクノロジー」というのも気になるところ。

CCD1/2.5というのが残念だが。CCD1/1.8としてIXY DIGITAL 1000もきた。

これはもう買いでしょう。



iPod ? いらんいらん。これに予算をつぎ込みましょう。



さて、これから一番高い壁に挑みましょう・・・かみさん・・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。