スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耐久性報告

まず、最初に断っておくのは私の「グリップが変」らしいということ。古い本になるがデビッド・レッドベターのアスレチックスイングの完成という本の一番最初に「グローブの左手小指下の肉厚部分にすぐ穴が開いて・・・」これに該当。そこに余分な力がかかっているのでしょう。この部分に穴が開いてグローブを交換しています。
ということで、今回の報告はどれくらい打ってそこに穴が開いたかを報告します。

以下に私のラウンド平均と練習場に行くとどれくらい打つのかをあげておきます。
  1ラウンド
    平均スコア:91 平均パット数:36 (GDO登録データより)パットの時ははずしています
  1練習場
    通常100球  40球:SW or PSによるアプローチ
             10球:ショートアイアン
             30球:ミドルアイアン
             10球:ロングアイアン 3W 5W
             10球:ドライバー
    打ち放題 300~400球
          割合は上記と同様

では最初に製品版前のバージョン
ちょっとぶかぶかな状態ではあるが
ラウンド:2 通常練習:6 打ち放題:2 で、こうなった。
ぐろーぶ1



製品版
ぴったりフィットという点も絡んだのか、
ラウンド:4 打ち放題:1
グローブ2


これだけをみると製品版の耐久性がなさそうに見えるのだが、フィット感はそれを無視できるほどいいのだ。
実は穴が開くよりの先に一番今までのグローブで不満だったのが、親指の頭と人差し指の付け根のところの「伸び」。これに至っては、ほぼ1ラウンドで発生してしまう。なので、ラウンド後のグローブはその後練習用となるパターンがお決まり。
製品前版は元々サイズを間違ったのも手伝って2ラウンドで練習場行き。製品版は4ラウンド使えた。実は製品版は4ラウンド後、練習場で今まで使っていた製品前版と間違って使ってしまいその結果空いてしまった経緯がある。しかも、この4ラウンド中2ラウンド、8OBとかの大叩きをしたということと、このときドライバーを換えたためドライバーだけで150球打っていることも付け加えておく。

結局比較にならない耐久性報告になってしまったが、ま、事実こんなタイミングで穴が空いたわけです。
今のところラウンドはこのグローブを使っています。
問題は1点。
購入時の問題だけ。これは個人的なんですが、この-X2-キャブレッタグローブ今のところ買える枚数が1枚か、5枚か、10枚の3種類だけ。1,950円か、8,135円か、15,220円か。狙っているのか、「昼食代」「平日プレイフィ」「休日プレイフィ」となっている(笑)
5,000円くらいですましたいんですよね。1回の購入。何となくなんですけど。
で、今 2005/09/08 5:24現在 23cm 10PKはすでに完売!
わ、、、買えんではないか・・・と、5pkは売っているのね。
21cm、25cmは完売みたいね。まもなく23cmも終わってしまうのかなぁ。

報告はこんなところで。
最後まで読んでいただいた方、ご苦労様、そしてありがとうね
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 1

NAKA○  2005, 11. 27 [Sun] 23:40

コメントの返信ってここに書けばいいのかな?
MASAさん、コメントありがとうございます。まさかスタッフの方に見つかるとは思ってもいませんでした(笑)
それとAQRIZE立ち上げおめでとうございます。AQRIZE Cabretta Glove、もう少ししたら買おうと思います。実はまだ、前のががんばっていまして、とうとう一夏を越え10ラウンドもっています。雨に濡れたり、汗でびしょびしょになって手入れをしていないにもかかわらず、柔らかさは持続、伸びも無しです。練習に使わなければ耐久性抜群と言っていいと思います。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。