スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化庁 日本のメディア芸術100選

文化庁もこういうのやっているんですね。知りませんでした。
日本のメディア芸術100選
アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの各部門があります。
「アニメなはなし」というカテゴリを持っていますので、アニメ部門をあげておきますね。
  1位:新世紀エヴァンゲリオン
  2位:風の谷のナウシカ
  3位:天空の城ラピュタ
となっています。以下はリンク参照。

これらは選ばれただけではなく、文化庁は粋なことをしてくれます。
2007年1月21日から国立新美術館で開催する「メディア芸術祭10周年企画展」では、100選として選ばれた作品の紹介を予定しています。日本のメディア芸術を代表する作品群を一望できる、またとない機会です。詳細は10月19日より順次文化庁メディア芸術プラザ上で発表してまいりますのでどうぞお見逃しなく。
とのこと。
こりゃ、見逃せませんね。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 2

ねこねこ  2006, 10. 10 [Tue] 10:43

へ~

エヴァは社会現象にまでなっているからですね。

ただ、3位のラピュタはどうなんだろう?作品の出来とその後の扱われ方からしたら「となりのトトロ」かな?とも思ったんですが。
「カリオストロ」は、今劇場に掛ければ3位に入ると思うんですが。

Edit | Reply | 

Naka○(管理人)  2006, 10. 11 [Wed] 00:27

カリオストロは5位、トトロは8位ですね。33000人から得たランキングなんだそうですが、ね。
確かにその後の扱いを考慮すれば、この2作品はベスト3に入ると思うのですが。
ノミネート作品と自由回答作品に分かれていたようです。ちょうど投票時盛り上がっている『涼宮ハルヒの憂鬱』が自由回答では1位となっています。私は全く知らないのですが(笑) これってそんなに評価が高い作品だったんですね。ま、これを1位にする人たちのランキングってことで。
機会があったら見てみようと・・・見ないかなぁ(^_^;)

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。