スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Canon PowerShot G7

上野動物園での一コマという感じで、いくつかあげてきたが、ここで使われたカメラはPowerShot G7なのだ。

なんだか品薄で手に入りにくいようなのだが、発売当初は「こんなのGシリーズじゃない」と言う人も多かったが、結構良いカメラだと思いますよ。写りも良いと思いますし、というかすごく良いと思うんですが。手ぶれ補正も良く効いています。まぁ、一つだけあげるとすれば広角側が欲しかったなぁと。G7は35mmからで、28mmからできれば欲しかった。

動物園とかに来た場合、その分望遠側210mmが充実しているG7は結構活躍できる。不忍池には鳥が集まってくるので結構良い撮影場所なのかな?

 

        

1000万画素というコンデジとしてはかなりのものだ。デジ一眼もEOS20Dを所有しているが、十分サブとして使えるレベルだと思うんです。というか、場合によってはG7の勝ちって思うことも。ここまで写ってしまうとあの重い20D
は持ち出さないかもしれません。家族旅行ではね。一度デジ一眼を使ってしまうと、いかにすばらしいコンデジであろうがやはり不満はある。レンズが変えられるか変えられないかは大きいよね。そのレンズだってG7が2台以上のものがほとんどですし(^^ゞ

さて、今年はいったいどこまで画素数が上がっていくのでしょうか、とことんあげていって、いったいどれくらいがベストなのか結論は出るでしょう。また、画素数以外にも新たな技術が登場するのでしょうか。楽しみでもあります。

でも、余り画期的なものは出して欲しくないですね。また欲しくなっちゃうからです。

新しいリコーGRデジタル、そろそろ出るんでしょうか。現行機も結構値がこなれてきましたし、これが出ると辛いですね。28mm域はこいつで補おうなんて考えてしまいそうです。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。