スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キヤノン秋の新作EOS40D

ついに発表されましたね。EOS 40D、きました。

強化ポイントは以下です。基本スペックが上がっています。
・新開発となる有効1010万画素のCMOSセンサー
  
今の時代これくらいないとね。これで、現メインで使っているG7に並びました。画素数だけですけど。写りは20Dで十分なんですけどね。
・画像処理エンジンに最新のDIGIC IIIを採用
  
起動時間、CFカードへのアクセス時間の短縮がはかられ、信号処理が14bit(16384階調)へと向上
・秒間6.5コマの高速連写機能、約75枚の連続撮影
  
使うかどうかは別として、これはいいですね。運動会には大活躍です
・全点クロスタイプの9点AF
  
精度が上がりそうです
・倍率0.95倍の新設計ファインダー
  
あげてきました。まだまだという人もいると思いますが、それは1D系に任せましょう。それよりも、フォーカススクリーンが交換できるのが嬉しいです。見やすくなったとのことで見てみたいところです。
・撮像素子のゴミ取り機構「EOS Integrated Cleaning System」
  
ついにつきましたか、いちいちサービスに持って行くのも面倒なんで
・大きく精細な3型液晶モニター
  
見やすくなりますね、確認するには大きい方がいい。情報量も多く表示されるようです。
・オートフォーカスも可能なライブビュー撮影機能
  
これは、コンデジでは当たり前のものですがついに付きました。初めてデジ一眼を買った人から「何でできないの」といわれるのがこれ。視野率は当然100%となるのでフレーミングをきっちりやりたい人には嬉しいでしょうね。この機能を使っているとミラーアップしたままとなりますので、レリーズタイムラグも短縮、静音撮影も可能となりました。今までと違うデジ一の撮影ができるようになったわけです。
・ワイヤレスLANや有線LAN接続に対応したオプションを用意

  スタジオ撮影する人にはいいでしょうね。これにLightroomを組み合わせれば最強かな。

最近の機種にはピクチャースタイルが選べるのですが、これ、20DではRAWで撮って現像時に使えるので、ま、問題ないのですが、撮影時に使えるというのもまた楽しいということで。この機能があるなしが古さを感じさせる部分でしたので20Dユーザーとしてはちょこっと気になるところです。
防滴性能の向上も図られ、ほんと、基本スペックの向上が図られています。いいモデルチェンジだと思います。
うーん・・・気になるなぁ・・・。おかげで、私の所有20Dの買い取り価格も下がったことでしょう。でも、本体価格14万円くらい予約が行われているので、あれ?意外に安いかも・・・と(笑)

もう一つの愛機、G7の後継G9(あれ?8はどこいった)

発売当初からRAWが無いなんて!!といわれ続けたので付けてきました。ほかは、まぁ、液晶が大きく良くなったのと、ま、そんなとこ。これで、28mm~となっていたら買い換えたかったのですが、それはなかったのである意味ほっとしています。
最近のキヤノンはマイナーチェンジして、そのあとそれなりにいじってくるパターンですので、G10あたりに桁も変わることで心ゆすられるものが登場するでしょう、と期待しています。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 3

ペタシ  2007, 08. 23 [Thu] 09:44

なんか凄すぎて私の狙っているカメラではないな・・・。
CANONは渡辺謙がCMキャラクターだそうです。

Edit | Reply | 

Naka○(管理人)  2007, 08. 25 [Sat] 07:34

だまってファインピックスですよ。
8月31日発売決定です・・・たしか。

Edit | Reply | 

ペタシ  2007, 08. 26 [Sun] 13:19

FinePix F50fd ですね。
今HP覗いたけど手ブレ補正もついて完璧ですな。
これで決まりです。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。