スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VAIO TypeT 死亡・・・・・・・・データの救済方法も合わせて書きますね

冬モデルのパソコンも発表され、これから活気ずく所でありますが、私の愛用PC、VAIO TypeTがお亡くなりになりました。購入してから2年目。
保証が切れた頃にやってくるソニータイマー、ある意味、1年メーカー保証が切れた後にやってきましたが、このPCにはSonystyleのワイド保証に入っていたため、3年間は大丈夫(^^)v
私の場合は、Windowsユーザーなら見たくない、あのブルー画面です。
VAIOのロゴが出て(つまりはBIOSは通った)、WindowsXPロゴが出た後、このブルー画面


STOP: c000021a unknown Hard Error
unknown Hard Error

ときたもんだ(笑)
普通に使用できていたのに、MicrosoftのWindowsアップデートがかかり、再起動を即されたのち、これだ。
完全な解決策が編み出されていないというWindows最凶クラスのエラー
とのこと・・・。
これからデータの救出法なのだが、BIOSが立ち上がっているのが前提。CD・DVD-ROMブートができる状態なら救えます。デスクトップならHDDをはずして、他のPCにつないで救うという手がありますが、ノートの場合そうもいきません。簡単に抜き差しできるタイプは別ですよ。
何を用意するかといえば、KNOPPIXです。Linuxなのですが、起動してしまえばWindowsと何ら変わりません。むしろおしゃれです。
ここのサイトでイメージファイルがアップされています。DVD版、CD-ROM版とあります。現在はVersion5.1.1です。
たっぷり楽しみたい方はDVD版を。とりあえずという方はCD-ROM版を。
私はCD-ROM版を使いました。
こいつのすごいことは、Linuxなのでフリーであること、何も考えずに起動した後
ちゃんと日本語環境 漢字変換もできます。
インターネットもLAN端子からできちゃうし、当然メールも設定すればできちゃう。
Open Office(ワードや表計算なんか)が付いている
なんとも大きいのが、USBメモリが刺しただけで認識する
これで救うことができます。あとは、マウスでズルズルぽんです。

これで職場のデータを救ったこともあります。一家に一枚KNOPPIX
KNOPPIXをこの救済ソフトのように使っていますが、これからLinuxを学ぶ人、体験してみたい人にはお勧めです。

わたしですか、私はこの後BIOSも立ち上がらなくなってしまったので、この方法をとれませんでした(T_T) 
ただいまVAIO修理センター送りとなりました。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 2

ペタシ  2007, 09. 10 [Mon] 14:45

伊東みさき無事だったら是非○○画像回してくださいね!

Edit | Reply | 

Naka○(管理人)  2007, 09. 10 [Mon] 23:15

確かただの写真集のデータだったと思いますよ。あそこまでブレークする前のだと思いますが(笑) ま、あったら、ね。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。