スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P506iインプレッション・・・でも書きましょうか? キータッチとメニュー構成

どうしても、以前使っていた携帯になれていますのでそれとの比較的なお話になってしまうことをお許しください。
以前使っていたのは、D902iSです。SONYにジョグダイヤルが無くなり(905からは復活しましたね)それに換わるホイールというものが採用され、それを待ち望んでいたユーザーが飛びついたモデルです。今回P905iに換え、Dシリーズのユーザーインターフェースの良さがわかりました。
でもこれも慣れなんでしょうから、使っているうちにどうにかなるでしょう。

処理能力、機能全部入りはP905iの売りでしょう。Bluetoothが唯一乗っているのもそうでしょう。この辺に関しては、広告になりますが、実際ともなると使い勝手、ユーザーインターフェースのできの良さが評価の対象となります。

まずキータッチです。
キーストロークはかなり浅いです。しかも軽い。テンキーに関しては絶妙な凸があり良いように思われます。

その軽さも、十時キーと決定キーに関してもこの軽さなのです。しかもフラットなためにとても押しづらい。キーミスが起きやすいように感じます。これも慣れなのでしょうか。


メニュー構成は各メーカー特徴といいますか違いがあります。
Dシリーズは表示しているところの機能キーには設定メニューが存在しています。それで変更が可能。Pにはないですね。設定に関してのメニュー構成がなんかわかりづらいです。買ったばかりですから、いろいろ設定を施しますのでどうもいらいらしてしまうところがあります。

さらに、一番Pになって無くなってしまった残念な機能がメールに関してです。
一桁のところによくアクセスするひとを登録しているわけですが、ツータッチダイヤルはみんなあるだろうが、ツータッチメールが無くなったことだ。例えば「1」を押して「?」とすればダイヤル、「1」+「Mail」でメールとなる。これがない。これと同様、電話帳から選んで、「mail」を押せばメールが書けると思いきや、テレビ電話になってしまう。
うーん・・・・。

ただ、辞書学習能力は高いようです。Dは結構早いうちに忘れてしまうことが多かったものですから。P=学生、D=中高年という感じです。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 2

ペタシ  2007, 12. 03 [Mon] 10:23

慣れれば問題ないですよ。
自分も今までP→P→SO→SO→F→Fと変えてきましたが、SO時代にはジョグ無い携帯はありえん!と思ってました。
905のジョグ復活を聞いてちょっと気になりましたがFも不満あるわけじゃないし・・・。
それよかP905はカッコイイじゃないですか!
携帯変えたばっかの自分は905に興味無くノーチェックでしたが昨日お店の商品みて「お~Pカッコイイじゃんと」
今までのPは外側ネジ止めとドットのイルミネーションがいまいちあか抜けないイメージでしたが905はかなりスタイリッシュになりましたねv-405
はい、オッパッP!

Edit | Reply | 

Naka○  2007, 12. 03 [Mon] 23:43

>はい、オッパッP!
うまい(笑)

買った後にFのスケジューラーをみて、失敗したと思いました。いいわ、あれ。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。