スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お絵かき準備編 タブレットが来た

何となく準備だけで終わりそうなというか終わりかけていたこの企画。
それを許さじと、ペタシさんちからタブレットがやって来ました。

早速接続します。
RS-232C接続という今となっては懐かしい、下手をすると今の人は知らないかもという代物。
でかい

A4サイズなので、20インチのモニタの前に並べても横幅は変わらずだ。本体の大きさはまさにA3だ。
さすがに付属ソフトは古く、XP対応はしていない。とりあえず、WACOMのサイトへ行き、ドライバを落とす。何の問題もなく認識。
さて、ソフトは何かということで、以前教わったSAIを選択。どうやら5,250円で売っているとのこと。トライアル期間は31日ということで、とりあえず試すことにした。

    とりあえず接続。年代物なのか黄ばんでいるのはご愛敬

PhotoshopがあるのでSAIはいらないのかなと思っていたのだが、使ってみると、かなり違うことがわかった。
線1本描くにしても、全く違っていた。
Photoshopで描くとギザギザな線で描かれるが、SAIだと、とてもなめらかな線が描ける。当たり前だが筆圧を感知してきちんと再現。このあたり自分の感性に合わせていくんでしょうね。私の場合は機械に合わせてしまうタイプですが。
あまりにもきれいな線が描けるので、上手くなったかという錯覚に陥る始末。
きれいな線を描けるようになるまで時間がかかるのに、そこまではソフトがやってくれているようなものです。こりゃ、すごい。
色だって、パレットに色を載せて混ぜたりして作ることができる。あの円上のところから選択なんてどうやったら色出せるんだろうと思っていましたが、そういうカラクリでした。

さて、大きなタブレットは画を描くにはいいのだが、操作が大変だというのがチトわかった。タブレットの入力面(こういう言い方がいいのかな)がそのままディスプレイと同じになるので、ペンを選ぶだとか、操作を切り替えるときの移動距離が大きすぎてしまう。A4に画を描いてそのままの大きさで描けるというのはいいのだが、こと操作となるとチト遠い。これも慣れなのでしょうが、もし気に入って個人的に買おうと思うと、この下のA5タイプなやつなので、あまり慣れたくないですね。

それと現行機種はわかりませんが、このタブレットは一呼吸置いてから動作しますので気持ち悪いです。さーーーっと線を描くと、一拍おいてさーーーーって。そういうものなのでしょうか。

それにしても、ペタシさんからいわれた
画力の低下に驚くよ
この言葉、よくわかります。へったくそです。もともと上手いとは思っていませんから、ここまで爆笑になるとは思いませんでした。
さらにソフトの使い勝手がわかりませんから20分といじれません。根気がないんですよね。
31日は短い気がしてきました。

しかし、私のように機材だけそろえたものの扱いきれず、ほこりをかぶっているタブレットがたくさんありそうな、そんな匂いがぷんぷんするデバイスですね。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 2

ペタシ  2008, 05. 12 [Mon] 09:25

一呼吸って??v-394
タイムラグは無かったような・・・。
感覚の問題かな?

Edit | Reply | 

Naka○  2008, 05. 12 [Mon] 11:52

んじゃ、このタイムラグはマシン性能かな?
Pentium4 1.6MHz 512MBでは役不足ですか(笑)
ビデオカードはたいしたもんがついてませんね。

いい加減買い換えたいなぁ・・・。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。