スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後悔 

彼が亡くなったのは行きつけでない初めてのクリニック。行きつけのところはお盆休みをとっていた。

胃腸炎という診断だが、どうも様子がおかしい。脳梗塞では?という問いに眼球の動きからそれではないといわれた。結果的には出血だか梗塞であったのだろう。

「覚悟をして・・・」

といわれたときになぜ引き取りに行かなかったのか。

そうすれば家でみとることができた。

でも、連れてきて死んだ場合、病院にいれば何とかなったかもと思うに違いない。どっちにしても後悔する。



でも・・・

  見知らぬところで一人で逝ってしまったことを思うと何とも・・・

    寂しい思いをさせたのだろうと・・・


独りよがりなのはわかっている、でも、後悔の念ばかりが・・・・

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 1

ナカミ  2008, 08. 13 [Wed] 16:01

本当に残念です。私も今年11歳になる犬が実家に居るのでNaka○さんの記事を読んでいると涙を我慢することが出来ません。いつかこの日が来ると覚悟しているつもりでもやっぱり・・・

元気を出してとは言えません。無理ですもんね。
ただ、Naka○さんの記事を読んでいると本当にけんけんの事を可愛がっていたんだという事が分かります。それはけんけん自身もよく分かっているんではないでしょうか。自分が愛されながら生涯を終えたなら、とても幸せな人生だったと思えると思います。
残された人には悲しみと後悔が残ると思いますが、けんけんはきっと幸せだったと思いますよ。と、第三者の他人が思うほど可愛がられていた事がよく分かるので多分そうじゃないかなぁと思います。いや絶対そうです。

時間はかかると思いますが、早くけんけんの昔話をしながら皆で笑えるようになれるといいですね。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。