スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Newデジタル一眼 導入しちゃおっかなぁ・・・

私の愛機EOS20Dも5年の歳月が経ち、そろそろ買い換え時と相成りました。

重い腰を上げた理由は先日、娘たちのフィギュアスケートの大会で撮影をした際、このカメラの限界を感じてしまったのです。

フィギュアを撮るというのは、かなりの悪条件下での撮影となります。

プロとか全日本レベルではない、一地方大会レベルではリンク内の照明も落とし気味です。全灯してくれることはなく、半分くらいの照明となります。これに加えて動きが速い。そして、演技の妨げになりますから当然ストロボは禁止です。

これに対抗するには

明るいレンズと高ISO感度で、対処するわけです。

フィルム時代はISO400または800のフィルムと明るい大口径レンズで撮っていました。この20Dにうつってもほぼ一緒。

正直1600、3200位まで上げたかったのですが、それはもう寂しい画像となりますので使えません。

さらには明るいレンズF2.8レベルですと確かにシャッタースピードは稼げて撮影できますが、こと開放でとるとなると被写界深度が浅い、つまりはピントが合う範囲が狭いために納得のいく撮影になりませんでした。

置きピン(ピントが合うところを最初に合わせておいて、そこに被写体が来たらシャッターを切る)も使えません。レースなどは最速タイムを狙うので走るところは決まっていますからピントをおいておけますが、こと、フィギュアともなりますと、いつそこに来るかなんてわかりませんし、また来ないかもしれませんので、使えません。

なので、常に追いかけての連射、数打ちゃ当たる方式でやっています。

他に方法があるのでしたらご教授お願いします。


さて、これまではその時点で考えられる、最良の方法でやってきたのですが、下手なりにも以前より滑れるようになってきましたので滑走スピードが上がっています。もう、今の機材では限界を感じてきました。

そして、昨今の新製品を見るにつけ高感度側が強くなってきているというお話。

ISO感度も6400なんていわず、12800やら、25600まで行けるという。ともなれば800や1600は常用できるくらいにはなってきたのかと期待してしまうわけです。

こうなってくれば、絞って被写界深度を稼げた上に、シャッタースピードも稼げる。これは願ってもないことなのだ。


そして、ニコン、ソニーがかなり素晴らしい機種を出してきたっていう。

でもあえてみないことにしたのだ。

私の場合レンズ資産があるために、キヤノン以外は考えられないのだ。いくらニコンやソニーが素晴らしくても、本体価格以上のレンズまで買いそろえるほど金はないし、プロじゃないし。

んで、選択肢はキヤノンのみ!!

EOSkissか、50Dか、5Dmark2か

kissはなし。残り2機種。

だまって50Dとなるだろうか。連射性能はすばらしい、高感度もイイらしい。文句の付け所がない。

安くなった(とは言っても高いが)ある意味あこがれの5Dmark2か。


悩ましいところだ・・・・。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 3

ペタシ  2009, 02. 20 [Fri] 14:44

キヤノンとかMark2とかガンダムの話みたいだ(笑)

カメラについては全くわかりませんが、無理しても一番欲しい物買うのが後々後悔しないと思います。
娘の事だから周りの理解も得やすいでしょ?
ってか物欲魂に火が付いちゃったんでしょ?
もう止まりません。
気持ちはよくわかります(笑)

欲しい物のために「これがあれば便利だぞ!」みたいなプレゼンは私もよくやりますしv-408

Edit | Reply | 

Naka○  2009, 02. 21 [Sat] 20:35

物欲に火がつくと大変ですよねぇ・・・


・・・ねぇ・・

Edit | Reply | 

ペタシ  2009, 02. 22 [Sun] 09:35

是非、5Dmark2であの素晴らしい動画を!

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。