スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャッターの半押し~『デジタル(一眼レフ)カメラを買ったなら』

ネタがなくなると登場する、カメラネタ(笑)

今回はシャッター半押しについて。


撮影の基本としてシャッターの半押しがあります。

これはマスターしておきましょう。

最新の携帯電話では常にピントを合わせ続けるというものもでてきたようですが、デジカメではそういう機能を持ったものは少ないです。

シャッターの半押しによって、露出、ピントが合って、さらに押し込むことにより全押しとなりシャッターが切れ写真が撮れます。

私の中では常識となっていますが、子供に撮らせたら当然知りませんからいきなり全押しです。こんなの・・・(笑)

携帯のカメラには半押しという機能がだいたいありません。ですから、みなさんもボタンを押してもなかなかシャッターが切れないという経験をしていると思います。これは、シャッターボタンが押されると

1.ピントを合わせに行き、2.露出を決定、3.手ぶれ補正機能を起動、4.シャッターを切る

と、まあ、こんな流れでしょうか。

デジカメの半押しは1~3を行います。これを先に決定しておけば、シャッターを押したときにすぐ切れるわけです。

デジカメでいきなり全押ししたときにシャッターが切れなかったり、または切れたとしてもピンぼけだったりするのは、1~3が決まっていないので切れない、もしくはそれを飛ばして切ったということによるということです。

今のデジカメは半押ししてピントが合うと「ピキッ」と音が鳴ると思います。それが鳴ってから押すようにしましょう。


これの応用として「おきピン」があります。動きのある物を取るときに使います。

たとえば、こちらに向かってくる車を撮るとします。

  1. 事前に撮りたいポイントで半押ししてピントを合わせます。この場合は撮りたいと思った場所の道路でいいでしょう。
  2. その半押ししたまま、ファインダー、または液晶画面で迫ってくる車をとらえておきます。
  3. そして、先ほど決めていたポイントに来たときに全押し

こんな感じ。

お子さんを撮るときにも使えます。たとえば、自転車に乗っている写真を撮りたいとき、走っているところを撮るとき。

さらに応用でシャッタースピードを少し遅くしてもらえば、流し撮りもできて動きのある画が撮れますよ。このとき、シャッターを切った後も被写体に合わせて動かし続けるというのがコツです。

最近のAFは性能がいいので、運動会レベルの走りでしたら、ずっと追従しますので置きピンの必要ないでしょう。

自動車レースなどはやっておかないと無理と思います。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 5

はぜらん  2009, 06. 14 [Sun] 16:53

お邪魔しますm(__)mコメントは色紙以来です

母が最近デジカメを買いました。私もいじらせてもらったが写せません。
母いわく「最初にぴょっと押して、次またぴょっとすればいいのよ」
デジカメ初めての私「???」

こちらの記事を読み、なにが起きていたのか初めて理解しました…f^_^;ありがとうございます!

Edit | Reply | 

Naka○  2009, 06. 14 [Sun] 18:51

>はぜらんさん
おや、めずらしくここも役に立ったようで(笑)
ただ、ネット上にはもっと知っている人がごまんと潜んでいますので、下手なことはかけないのですが。
難しいことではないので知っていて損のない程度で止めて(逃げて)いたりします(^.^)

Edit | Reply | 

ペタシ  2009, 06. 14 [Sun] 22:16

ttp://homepage2.nifty.com/BlueImpulse/
この人の写真も素晴らしいです。
いったいどうやって撮ってるの?てのがある・・・。
カメラとレンズが相当の物だろうね。

Edit | Reply | 

Naka○  2009, 06. 15 [Mon] 06:52

>ペタシさん
うわ・・・
すごいですね、この方。
これを撮るには想像しただけでかなりの機材のような気がします。こういう航空系はどうやっているんでしょうね。経験がないのでわかりません。
被写体は爆速、置きピンなんてできない。すごい連射性能、AF性能を持ったカメラに、バズーカのようなレンズを使えば近づけるような気がしますが・・・。
この世界はすごそうですね。

>拍手コメントしてくれた方
これですか(笑)

Edit | Reply | 

采子  2009, 06. 15 [Mon] 22:15

おっと・・私に振っていただけたので?(笑)
こちらでは初めましてm(__)m

では、こんな所で宜しいでしょうか?w
MASDF
ttp://www.masdf.com/ 
左のメニューの「飛行機のお話」をクリック
第82回:飛行機を撮ろう!入門・機材編 へ
(撮影方法も85回から出ています)

おまけ:航空祭装備ガイド
(あと必要なモノは気力と体力と英語力!ww ←私にはありません^^;)
MAD BASE
ttp://www.geocities.jp/madbaseag/event/asguide.htm

まぁ、現場に行けばわかりますが、唖然・呆然のカメラ品評会です(笑)
(忙しいので、地元の航空祭程度にしか行けません。
今年は小松に行こうかと画策中・・無理っぽいですが・・(/_;))

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。