スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星守る犬

久しぶりにまんがで泣いた。

村上たかし、あの村上隆とは違いますよ。私の中では「ナマケモノが見ていた」が有名。

これ、一度犬を飼ったことがある人、そしてその犬が亡くなってしまった経験のある人、そんな人にはたまらない内容。

最初のところで朽ち果てた車の中に、死後1年たった男性の遺体とそれに寄り添うように死後3ヶ月の犬が発見される。そこから始まる。

このところだけで、すでに涙が出てきた。

そして、それ以上読み進めることができなかった。

実際これは1人で思い切り泣きたいときに、誰もいないところで読んでいただきたい。声を出して泣くこともできる。

私には「けんけん」と重なってしまって、思い切り泣かせていただいた。

久しぶりの良本、良マンガだった。

お薦めである。

   amazon : 星守る犬
   楽天   : 星守る犬
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。