キヤノン定番レンズがリニューアル EF70-200mm F2.8L IS II USM

絵師ネタじゃなくてすみません。カメラの話。

キヤノンの一眼レフを買って、そこそこ凝りだすとはまってしまうレンズ沼。この沼にはまると大抵の人がこれから手を出す。それが、

EF70-200mm F2.8L USM

EF70-200mm F2.8L IS USM

前者が手ぶれ補正機構なし、後者が有りだ。

この後者が光学系を一新したほか、手ブレ補正機構「IS」の性能向上(シャッタースピードで3段分から4段分補正してくれる)を図り「II」として登場する。

白レンズとしてよく見かけるだろう。そうだなぁ・・・何かの撮影会では大活躍だし、みんなこれをとりあえずつけて撮影している。描写力は評価が高く、ポートレートレンズとしてはまさに定番中の定番だ。風景でもその力は発揮され、いまだ、IS非搭載が売っているのは、風景では三脚につけて撮影するのが当たり前なので、必要ないということだ。でも、観光地では三脚が広げられないので、ISがあるとかなりの戦力となる。京都ではほとんど三脚禁止ですよね。

ちなみにIS搭載が300,000円(税別)非ISが204,000円だ。96,000円の差がある。手持ちはしないという方は非搭載を買うということだ。

前モデルが280,000円なので2万円アップだ。でも、内容を見ると納得となる。マニアから見ればね(笑)

細かいところはキャノンのサイトや記事が続々出てくるだろうから参考にして欲しい。


さて、ちょこっと出てきた1段2段っていってもわからない人は調べてください。ここでもそのうち解説します。ネタがないときにでも(笑)

この4段までいけるっていう話を、ま、おおざっぱに言えば、こういうことになる。

カメラの説明書に書かれているように、しっかりとした基本姿勢でとるのが条件だが、望遠でとるとき手ぶれが起きないで撮れるシャッター速度は、ちまたでは「1/望遠mm」っていわれている。なので、このレンズは最大200mmとなっているから、1/200秒ってことになる。

1段っていうのはシャッター速度でいうと半分になることに当たる。4段なので

1/200→1/100→1/50→1/25→1/13ということで、1/13で撮れるってことになる。恐ろしい数字だね。こりゃ鬼に金棒だ。

暗いところでも撮れると早合点しないようにね。風景ならいざ知らず、人なら今度は被写体ぶれが起きますからね。

ま、簡単に言うとこんな感じです。

あまり簡単じゃなかったかな(笑)

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0