EOS5Dmk2新ファームウエアに不具合

先日紹介したEOS5Dmk2の新ファームウエアver.2.0.3に以下のような不具合が見つかり、現在ダウンロードできないようになっています。


このたび、新ファームウェアVersion 2.0.3においてカメラユーザー設定(C1/C2/C3)で「録音:マニュアル」を登録した後、電源OFF/ON(或いは、オートパワーオフ)を行うと、C1/C2/C3のマニュアル録音レベルが変更され音声が録音出来なくなる不具合が見つかりました。

誠に申し訳ございませんが、本ファームウェアのダウンロードサービスを中止させて頂きます。

なお、既に本ファームウェアにバージョンアップされたお客様は、モードダイヤルのC1/C2/C3使用時、録音設定を「録音:オート」でご使用頂きますようお願いします。

現在、不具合を修正したファームウェアの準備を行っています。準備が整い次第、本ホームページでお知らせいたします。

その間、ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、今しばらくお待ち下さい。


ということなので、既にダウンロードしてしまった方、気をつけてください。

細かく設定できる分、自分でカスタマイズしておいてすぐ使えるようにしたいのでカスタム登録している人も多いと思います。そこの部分の不具合ですから本格的に使っている人はちょっと大きな不具合かもしれません。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0