スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

spモード~Xperiaバージョンアップ

CMでも流れてきた「spモード」

ドコモでない、スマートフォンでもない人にとってはなんにも関係ない話です。でも、スマートフォンに興味を持って換えてみたところメールの使い勝手の悪さ(携帯に比べてってことね)に閉口したと思います。それを改善したのがこれ。

@docomo.ne.jpのアドレスでメールを送受信できる。

コンテンツ決済サービスやアクセス制限サービスも利用できる。

これが売り。

今までも、@docomo.ne.jpが使えなかったわけではありません。imode.netを契約してiMoNiというアプリを使えばできます。

ただこれ、プッシュメールじゃないんですよね。

(moperaUを使えばできるのですが、あくまで@docomo.ne.jpのアドレスの話ね。Gmailも割愛)

携帯電話でメールをしていれば当たり前でしょうが、メールを送信したら即時相手に送られる。これがプッシュメール。だから緊急の連絡がしたいときにもメールで済ませることができたりします。

でもこの形、プッシュじゃなくてポーリング(自分からメールを取りに行かないと見えない、つまり、見に行かなければ受信しない)なんです。PCのメールと一緒と思えばいいです。これを何とかしようとiMoNiは取りに行く時間を設定して擬似プッシュとして機能しています。ただ、1分ごととかに設定するとバッテリーを消耗しすぎて本来の機能が損なわれてしまいます。なので、15分とか、30分とかそんな間隔で見に行くよう設定している人がほとんどと思います。

ただこれ、15分毎とかにしても接続に失敗したら次の15分という感じの動きのようですので、メールがないかなとチェックしたら突然大量のメールがなんて自体になってしまうこともしばしば。

相手もすぐにメールが届いていると思っているでしょうが届いていないので、ちょっとコミュニケーションが悪くなることも多いです。


それを改善しようってことでしょう。

私自身あまり必要と思わなかったのですが、やはり、あれどーなった?などと電話すると、メールしたよという返事が多々あったので今回の対応はうれしいかな。


これに伴って、Xperiaもヴァージョンアップします。

あくまでソフトウエアでOSは上がりません1.6のままです。

PC経由で8月30日から、本体からは8月31日となっています。

内容はspモード対応に加えて、PoBox Touch3.0にアップ。

定型文やアドレス帳データなどを、外部アプリから引用して簡単に入力できるようになる。私にとって大きいのが、「Simeji」のマッシュルーム機能とも連携したこと。顔文字を入れたいがためにsimejiに切り替えたりしていましたし。

数字入力時にキーが大きくなるのはよくなったのですが、英字入力時にフリックからQWERTYキー入力に切り替わる機能は見送られているようだ。これができれば最強になるのだが。


個人的にはこれらに加えておサイフケータイ機能が盛り込まれた機種が出たら即機種変するだろうなぁ・・・

おサイフケータイ便利なんですよぉ・・・

うわ・・・ダラダラ字だけって見づらいねぇ(笑)

参照

ドコモ、スマートフォン向け「spモード」を9月1日に開始

「Xperia」がバージョンアップ、POBox Touch 3.0に進化

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。