スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石垣島に行ってきました(4)~西表島2/2

日差しが痛い痛い由布島を後に次に向かいます。あまりの痛さに傘を貸してくれるのはありがたかった。

急いでいたのだが、あまりののんびり加減に「ま、なるようになるかぁ・・・」とすっかりゆっくり動いている島時間に慣れてきたようだ。

さて、仲間川のクルーズの時間までそれなりにあったので、予定通りの行動となった。

西表島野生生物保護センター

イリオモテヤマネコの保護センターだ。車にはねられてしまった1匹のイリオモテヤマネコがカメラ越しに観察ができる。人になれてしまってはいけないのでその措置が執られているとのこと。無料で見学ができる。無料と言うことで、ま、そういうことだ(笑)


古見のサキシマスオウノキ群落

私の中では「あの木」という言い方をしていた。必ず写真で紹介されているサキシマスオウノキの木だ。

以前は行けたらしいが神聖なところを抜けてその奥にあったので、今は行けないようカギがかかっている。その代わり、そこまで遊歩道ができていた。

ちょっと雑然としていて、足場のぬかるみを避けるためにブロック塀やらなんやらで足場が作られた形跡があって、見た目はゴミが散らかっているようにしか見えない状態。少し残念な状態だ。

仲間川遊覧ボート~樹齢400年サキシマスオウノキ

大原港に付く。

この辺りは上原港より賑やかな感じだ。ここでレンタカーを乗り捨て、大原港から遊覧船も出ている。じゅごんという水中船もここからだ。

サキシマスオウノキはここの遊覧船で行くことがわかった。先ほど見たのは確かにその種類の木だが、よく紹介されている写真のものとは違っていた。

ここで一番問題になったのが石垣島まで帰る船の最終便に乗れるかどうか時間的には40分あるのだがちょっと不安。

でも、島の人に聞いたら

「ああ、大丈夫と思うよぉ、ま、乗れなかったら島に泊まって行きなさい。3,000円くらいで泊まれるからさぁ」と、まぁ、こんな感じ。

だねぇ~って、思っちゃいました。


さて、遊覧ボートに乗り込みます。

マングローブ群を抜け、マングローブが消えかけたところに樹齢400年のサキシマスオウノキがあります。こんな桟橋が洗われます。

この奥にあるとのこと。

ありました、立派です。24mmを使ってギリギリ全景が入る感じです。それだけ距離も取れません。

この木が見られたので今回の西表は満足でありました。

石垣への船にも乗り遅れずに乗れました。

今回はレンタカーを借りて有名所をまわってみました。

これ以外にも浦内川を行くものもあります。これにはカヌーを使ったり、トレッキングなど、体力勝負なものもたくさんあります。西表島に宿を1日取ってそれらに参加するのも体力がある人はどうぞ。自然を思い切り満喫できると思います。

今回の行程ですと、9時に石垣を出て、ほぼ最終便で戻るということになりました。これ以上のことをやろうというのであれば、西表に宿を取る必要がありますね。


さて、夜はTKさんに教わった店に行くもいっぱいで断られました(笑)

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 1

TK  2010, 09. 06 [Mon] 23:39

「南風」がそんなに混雑していたとは、さすが観光シーズン!残念でしたね~。
それにしても南国らしい写真に癒されます。素晴らしい!

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。