コルトVersionR試乗

三菱のディーラーから今日試乗車が来たよと連絡が入りましたので、早速行ってみました。
色は赤のMTです。CVTかと思っていたのですがMTとはうれしい誤算です。
とりあえず見た目のインプレから。

もう少し明るい赤かと思っていたら、渋い赤でした。現行コルトの朱色っぽい赤とは違いました。poloのような赤を希望している人はだめです。(ちなみに私)
では座ってみましょう。シートは標準のものでレカロではありませんでした。オプションは何も付いていない素のコルトVersionRです。ま、特に感想はありません。240km/hまできってあるメーターはありました。
何か雰囲気が変な気がしましたら、全面黒なのかと思いきや、です。え?と思ってカタログを見ると写真もしっかり紺でした。これは気がつきませんでした。ちょっと安っぽく感じてしまいました。

確かにブルー/ブラック内装とある(笑) 黒一色でいいのに・・・。
ハンドルは太めです。エスティマと比べて。
まあ、この車に内装の善し悪しは関係ありませんね。走行性能のみに振ったわけですから。いいか、ときかれればそりゃ、ね、うん。
内装で選ぶならRe:lax Editionがいいですよ。目的が違ってしまいますが。
さて、シート位置とハンドルの高さを合わせシフトに手をやってみます。低いという指摘があったとおり確かに低めです。レカロにより30mm下がるということで多少は改善されるのでしょうか。シフト感覚は残念ながらフニャフニャ系でした。カチッとした感じではありませんでした(--;)
クラッチはかなり軽いです。とはいっても、競技用の強化クラッチ時代の感覚しか残っていませんので(笑) ノーマルはこんなものでしょうか。
ペダルの間隔はいい感じでヒールアンドトゥはやりやすい感じです。


さて、走行性能はどうでしょう。エンジンキーを回します。

で、次回。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0