スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普段から自然に浴びている放射線の量を一目で比べられる巨大なインフォグラフィクス(翻訳済)

原発の問題で、いろいろ訳のわからない単位やら用語が飛び交っていて、「よくわからん」という方のために、一目で見比べられるインフォグラフィックスが公開されています。

ああ、この程度なんだとか、比較できますから興味のある方、気になる方は見てください。


誰かの隣で寝る~事故後のチェルノブイリ原発の炉心が10分間に発する放射線量までを見られます。チェルノブイリがどれだけすごかったかを知ることもできます。

普段から自然に浴びている放射線の量を一目で比べられる巨大なインフォグラフィクス(翻訳済)

これを見てわかると思いますが、人体に何かあるってレベルには全く到達していないということになります。あまり神経質にならないでってことです。

ただ、現場でがんばっている東電、消防隊はこの限りではありません。まさに命がけです。放射線作業従事者の線量限度が先日250mSvに改訂されました。そうしなければならない事態になっているのも事実です。

今回起こったのは、東電のミスでも何でもない、未曽有の事故なのです。応援するべきであり、非難するのはお門違いです。

それにしても、政府の要請レスポンスが悪すぎるのは目に余ります。信頼できる政府ではないときにこういうことがよく起きるのが不思議ですね。「何か隠してんじゃないの?」と思ってしまいます。それだけ今の政権の信頼度が落ちているのかもしれません。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。