スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「中村健治の世界」~「フェルメール」に行ってきました。

GWを利用して「中村健治の世界」に行ってきました。

正直行こうとは思っていませんでしたが、GWにたっぷり時間ができましたので重い腰を上げまして行って参りました。

ま、ブログネタのためですね(o´ェ`o)ゞエヘヘ

小さいとは聞いていましたが、確かに小さい(笑)

iPadにいろいろなデータが載っていて、フリックしながら見ることができます。上のは「C」です。

モノノ怪関連のiPadは、5,000,000円の着物(参考出品)のところにあります。

マニアな方は、1枚1枚デジカメで納めていました。かなりの量があったようです(笑) 

着物自体は参考ということでその染めの具合等を見ることができます。果たして注文はあったのでしょうか?

記帳ノートには、遠いところからいらしている方も多く、また、ちょこっと描いていったのであろうが皆さん絵がうまいです。私も一筆と思いましたが、やめました。

はしもっちゃんのは、ちゃんとクリアファイルにて保護されておりました。

目的の一つは天秤さんです。

なるほどぉ~という感じであります。手が出ませんね、やはり・・・。

たぶん抜けない「退魔の剣」

そもそも、モノノ怪の形と真と理が明らかにならなければ抜けませんから、当然抜くことはできないというわけです。たまたま抜けてしまって、ハイパー化しちまった日にゃ、どうすりゃいいのか、責任は持てませんってことなのでしょう。

私はこういうところで散財しない主義なのですが、せっかくなのでいくつか購入。というかガチャガチャですね。200円

シールも作ってみました。300円。これをノートに貼ってくればよかったですね。

それと寄付をして

隣はGANTZ展でした。あのスーツが展示してあり触りたかったなぁ・・・ダメと書いてあったので触りませんでした。この辺ルールはきっちり守る派です キリッ


さて、ここにはどれくらいいたでしょうか。30分もいなかったような・・・。でも、それくらいで満足できるくらいですかね。お手頃なグッズはちょっと目に入りませんでした。そのそも買う気がないのだから仕方がありませんね。


せっかく群馬の田舎から、渋谷というとても私には縁遠い街に来たのですから散策をしました。

Σ(゚Д゚ノ)ノオオォッ、ここがあのスペイン坂スタジオか、おお、109ぅぅ

゚+。(ノ`・Д・)ノオォオォ。+゚Loftがあるぞ!! ほぼ日定規購入

オォォー!!w(゚ロ゚)w ディズニーストアすげぇ

Σ(゚◇゚;)ゲゲッ 何かに文句を言いながら歩いているおっさんがおる、東京だなぁ

(*'∀'人)ワォ☆ 松岡修造の物まねしている芸人がなにかやっとる

と、田舎もの丸出しでうろうろ。


んで、私の大好きな画家フェルメールがここ渋谷に展示されている情報を得ていましたのでそこに向かいます。

当然フェルメール以外の作品も展示されていますが、ひときわ鮮やかな色彩を醸し出しているフェルメール「地理学者」が現れます。

これを見るまでは他の作品もなかなかだと思いながらいたのですが、一度見てしまうと、他の作品が色あせて見えてしまいます。フェルメール独自といわれるあの鮮やかなブルー、フェルメールブルーが目に入ってきます。じっくり、10分ほど目に焼き付けておきました。この作品の解説はテレビでもやっていましたのでそちらを参考にしてください。

これで、フェルメールの本物は2作品目となりました。


最後に渋谷初心者のおっさんの先導を引き受けていただいたマイミクさんに感謝いたします。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。