練習に最適 足利渡良瀬ゴルフ場

たまにはゴルフの話をしましょう。
ゴルフって練習場の人工マット上の練習ばかりではやはりうまくなりません。芝の上から打ってなんぼというものです。たぶんね。
そりゃ、コースに毎回行ければうまくなるのは当たり前、でもお金も時間もかる。平日に行ったってご飯を食べれば8,000円ほどはかかる。休日に至っては12,000円で終われば安い方となる。こんなのを続けていては家計を圧迫、「シングル(ハンディキャップ一桁)を目指すにはシングル(独身)になるしかない」なんて言葉があるくらい。
だから安いところを探すわけだ。

で、ここ、足利渡良瀬ゴルフ場。元々足利市が経営していたのだが、今年度から足利市経営ではなくなった。
いわゆる河川敷のゴルフ場だ。
9ホールを2度ティーグランドを変えてまわるタイプ。ウッド禁止ホール、パー4の1オンチャレンジできそうなところが2ホール。距離も短いし楽勝なんて思っていると痛い目に遭います。山間コースのように横に飛び出しても土手に当たって戻ってくるなんてうことはありませんし、ちゃーんと、いつもの自分のスコアであがってきますよ。
ま、練習にはもってこいな所です。さらにプレイフィが安い!
平日なら昼食が付いて4000円でおつりが来ます
主に夜勤明けで行くのですが、乗用カートですから夜勤でぼろぼろな身体でも何とかプレイできます。
この値段ですから、いろいろ文句もありますでしょうがそれは置いておいて・・。

河川敷は平坦なコースとなるので、自分の飛距離がリアルにわかる。これ、やっている人しかわからんのだが、よく「ドライバーの飛距離?300yかな」なんていうのがいる。そうそう簡単には300y飛ばすやつは一般人にはいないと思って良い。たいがい打ち下ろしの追い風なんていうシチュエーションのたまものだったりする。
No.1、 No.9に250yの看板が設置してあるのだがこれを目安にすればいい。こいつを越えればアマチュア一握りの飛ばし屋。でもこいつのお手前まで行けば世間的には飛ばし屋として認定される。
挑戦してみてはいかが? 自分の飛距離がわかりますよ。

で、ここでのプレイは練習なんだということを忘れずに。とばすのが目的ではなく正確性を練習する。左は川、右は土手、それぞれOBとなるので狭いです。
グリーンは期待しないで。手前から転がすか、高さで勝負(真上から落とす勢い)の球で止めるしかありません。パッティング時、球は大暴れしながら転がります(笑)
さて、コースはそんな感じですが、練習場が充実。アプローチ、バンカーの練習場、川を挟んで向う側には300yの打ちっ放しがあります。まだ、利用したことがないのですが気になっています。

まとめますと
全9ホールを2度回るタイプです
乗用カート・昼食付きで平日4000円でおつりが来ます(正確な金額を忘れました)
5ラウンドすると1ラウンド分のグリーンフィ(3200円分)をプレゼント
値段相応ですので割り切りが必要
結構ロストしますのでニューボールは使わない方が賢明
グリーンは固く、止まらない上に転がりは悪いです
平日はたぶん予約は必要ないです(したことがありません)

お試しください・・・・いないか(笑)
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0