スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GR DIGITAL IV

RICOHのGR DIGITALも4代目となります。
銀塩時代から続くこのシリーズ。かたくなに単焦点レンズ仕様で描写力はお墨付きだ。
現在私の所有している銀塩カメラも、このGRとEOS1Vだ。
さすがに所有だけで実際に撮影にはここのところ使っていないが、GRに関してはたまには持ち出してみようかな、となる。
何度も「いつかは欲しいなぁ」と思いつつ、今日に至る。

  
むやみに高画素化せず有効1000万画素にとどめているところも好感が持てる。
AFに関しては頼りないところがあったが、今回はかなりの改善、対策がされたようだ。
さらに、シリーズ初の手ぶれ補正も搭載した。
実売価格は8万円程度となる。
この値段なら今流行のミラーレスデジカメも考慮に入るだろうし、入門一眼のちょっと上のも買えることになってくる。
なので、こいつを手にする人はかなりのこだわりを持つ人と思えるが、リコーはファームウエアの更新は継続され、新しい技術が入れば積極的に対応してくるのが好感が持てる。
最初の不具合を改善するようなファームアップではないのだ。
早く実機を見てみたいですね。その際にSDカード持って行きたいものです。

こだわりの1台としていかがだろうか。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。