スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉田類じゃないけど、新潟編

ちいと勉強会で新潟に行く機会がありましたのでそこの飲み屋情報なんぞを。

新潟市はちと遠いので、前泊となりました。

宿泊先は1泊3,100円と激安。ただ、ここの売りは「大浴場(男湯のみ)」。そこそこのホテルに泊まったってトイレと一緒の狭い湯船。この大浴場は魅力だ。寝るだけと割り切れば十分なのだ。

さて、ネットで予約し、初めて新潟駅に。

駅前にはホストですか?ってな、おにーさんやとっても派手なおねーさんがたくさん。いきなり緊張です。おおお、やはり桐生は田舎だぜ。

ネットで調べても結局店は見つからなかったので、ホテルフロントのおじさまに聞いてみました。「私は安いところしか知りませんよ」

それがいいんですよ、ってなことで地図で説明してもらって向かいます。

「呼び込みに負けないで突き進んでください」

と、注意を受け「そんなに呼び込み多いんだ」と緊張の面持ちですすむと、目が合うのですが一切声をかけてもらえませんでした。どうやら呼び込みの人も「来る人」「来ない人」がわかるそうです。


めざすは「よりみち」です。

このビルの2階、外階段を上るとあらわれます。

なかなかいい感じです。

入るとカウンターが目に飛び込みます。奥には座敷があるようですが確認はできませんでした。すでに常連と思われるか違いましたので、カウンターの一番端に座りました。この後くるでしょうからね。

とりあえず生ビールから始めます。

よくわからないので、「飲み代別で3,000円で適当にっていうのでいいですか?」というと快く受けてもらいました。運ぶバイトはいましたが、基本一人でやっているようです。

ちょっと食べ進んでしまいましたが、ぱぱっとでてきした。そういえば新潟なので魚うまいよねぇ。穴子の煮付け?、これがうまかった。煮付けているにもかかわらずの脂のノリがたまりません。こいつを食いにまた行きたい気分です。

考えてみれば新潟の酒は好きなやつだったんですよね。

うまかった地酒、何だったかなぁ、メモっておいたのにどこかにやってしまったんですよね。

うまい肴とうまい酒、どんどん進みます。1合づつ違う酒をあおって3合目に行こうと「ちょっと魚ばかりで・・・」と思っていたときに

「はいよ、肉」

と、俺の心を読んだんかい!!ってな絶妙なタイミングで出てきます。

4合目に行くあたりで「口直しに、な。」とお新香が。

いい店だぁ

こんな店が地元にあったら通ってしまうよ。

いやぁ、満足ないい夜でした。

帰ったホテルの大浴場は貸し切り状態。

納得の旅でありました。


次の日は、勉強会+認定試験・・・・ま、いいかw

行きましたよ、ちゃんと、ね。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。