スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CP+に行ってきましたよ

ま、なんというか、今回の目的は

  1. カメラの実機を見てくる
  2. 「間もなく金環日食。しくじらない撮影方法と撮影装置。」の話

これがメインです。

みなとみらい駅まで行けばいいのですが、あえて桜木町で降りて散策しながら会場に向かいます。

本日の相棒は、CANON S100です。EOS5Dmk2は重いから。

シャープな画を出しますね。今日はとても天気がよくて雲一つ無い。真っ青でした。

逆光だったのですが結構がんばってくれています。ダイナミックレンジが広がったのが効いていますね。

大道芸でもあったのでしょうか休憩中だったのかな?ポツンと転がっていました。

カメラ雑誌とかに出てきてカメラ性能比較でよく使われるモニュメントです。ここにあったんですねぇ。24mm広角が効いています。


さて、会場に入ったのですが、人ヒトひと・・・・

実機を触ろうと思ったのですが、目玉機種はどこのメーカーも60分以上の待ちとなっています。2時間もなく、金環食の話が始まってしまうのでそんなに時間がとれません。

キヤノンレンズ、ど~~~~~~んです。上の方では大砲が覗けます。

こいつを触りたかったんですよねぇ~でも断念。

EF24-70mm F2.8L II USMが発表されました。皆さんが期待?していた手ぶれ補正ISは付きませんでした。賛否両論ですが、私個人はあるんだったらあるに越したことがないんじゃない?って感じです。

そうなってくると俄然気になってくるのがこれ。

タムロンから参考出品されていたSP24-70mmF/2.8Di VC USD

手ぶれ補正付きです。値段次第ですなぁ~。キヤノンのが230,000円ですからねぇ。こいつはどんなところを付いてくるか、写りはどうか、ですね。


そうこうしているうちに時間が来て

間もなく金環日食。しくじらない撮影方法と撮影装置。“金環1回、皆既日食8回の経験が生かされる!”

の時間になりました。

阿武隈鍾乳洞のところにある田村市・星の村天文台の台長、大野 裕明さんの講演。

なかなかおもしろかったです。周りに目を向けるとおもしろい画が撮れることとか参考にします。

残念だったのが、じゃあ、実際どう撮るのよってところが無かったんです。撮影条件とか機材とかどう撮るのよってところが。実は底が知りたくて参加したのですが聞けずじまいでした。


講演も終わり、残り開催時間30分ですが、会場に戻ってみました。

こういう特殊な?イベントですから、携帯で撮っているひとは皆無に近く、コンデジで撮るひとなんて数えるほど。ほとんどが一眼レフ構えてます。しかも凄いストロボつけて。2台体制だったりと。

すげぇなぁ、でもコンデジで十分じゃんという気持ちでいました。

ここまで上げてきた写真見てもそうでしょ?ちがう?

が、この後たまたま訪れたブースで

コンデジじゃダメじゃん!!

ってなってしまったのです。

それは次回!

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。