スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CP+に行ってきました2~”林恵理”という子を撮ったった

ここ最近、デジイチの出番もなく、結構納得の画を出す(格好つけてますが技術の進歩はすげぇと感動してます)コンデジばかりです。

パチパチ撮ってまわってますとここに行き着きました。

イベントブースではモデルさんを使ったポートレート撮影秘技なんてのをやってました。

これはもう私にとって新鮮です。普段は犬だとか娘たちやら風景くらいしか撮りませんので、目から鱗なお話や考え方など驚きの連続でした。

そしていろいろな話を踏まえて実際撮ってみましょうなんてやるんです。一斉にご自慢のカメラのシャッター音です。私くらいでしたでしょうか、コンデジで手を伸ばして撮っている人σ(^◇^;)

さてここでコンデジの弱点があらわになります。

2枚目に行くときのタイムラグが長いこと。普段なら気にしませんが、モデルさんはみんなが撮れるように動いてくれますのでシャッターチャンスはそれほど無いんですね。ここ!!ってところで押せないピントが合わない、このストレスが凄かった。


撮影設定ですが、「がんばれS100おまえの底力を見せてみろ!」モードです。

なにかって?緑のAUTOですよ( ̄∇ ̄)

しかも、光学最大望遠域使用。それでいて手を伸ばしての片手撮影。条件最悪です。いくら手ぶれ補正が強力になったからって無理ってもんです。しかも後ろの方からはどんな構図で撮っているかが丸見えです。意識したらこれは恥ずかしい。

前列の方たちもいますのでバストアップでしか撮れません。頭やらカメラやら入ってくるんですよ、しかも凄いストロボつけている方ばかりなので。


ではいってみましょう!

萩原和幸先生ご指導の下、モデルをしてくれた素敵な17歳の「林恵理さん」です。

( ゚∀゚ノノ゙パチパチパチ

とはいえ、撮った写真アップしていいのかな? 問題ないのかな??プロですよね?

ま、いいや。ほい!

いやぁ、うちの子もあと2~3年したらこんな表情すんでしょうか?と、すっかりおとーちゃんモードです。

ちょっと空いた隙間と撮影が終わったら前列の人が座ってくれるのでその間にここまで撮れました。この下には皆さんの頭があるのでフレームアウトです。

軽く手を上げたら目線をくれたのでパチリ。なんか淡いフィルターが掛かっているように見えますが、これ、手ぶれですヾ(≧∀≦ )  

名付けて「手ぶれフィルタ~」

萩原先生の話の中で大胆にカットするような話があったので実践。話では目元の方までやるらしいですが、さすがにそこまでできませんでした。

最後のステージでは泣き顔をするということで金環食の公演後駆け付けてみますともう終わりでしたがやってくれていました。

この2枚しか撮れませんでした。こういう涙に男は弱いわけで、ま、これも仕事だということでできるのも凄いなと、プロを感じました。

この子の明るい笑顔の写真がないのでそういうのが撮れたらうれしいなと思いました。ま、そんな機会は今後ありませんけどね。

この時ばかりは一眼レフもってくればよかったと後悔した次第です。

これ見て反省することは、ただバストアップな構図とカメラ任せの撮影条件。そして林恵理さんの魅力のみの写真でありました。この魅力もまったく引き出せていないのですが。

初めてじゃ、仕方ないかと自分に納得させています。奥が深いわぁ~写真。

でも、モデルさんを撮影するなんていうのは機会はありませんし、なかなかいい経験でした。



では最後にお二人のブログをリンクしておきますね。

フォトグラファー萩原和幸オフィシャルサイト

林 恵理オフィシャルブログ

生で実際に見るというのはいいですね。一発でファンになってしまいます。今後気になりますものね。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。